上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
130326_1445~01 130326_1446~01
【羽田 かみやさん オリジナルステッカー】

東京では桜の花もあっという間に満開になってしまったようですが、昨日足を向けた埼玉の県北部の方は、まだ2分咲きといったところでした。
私の住む柳瀬川はといえば、もはや満開。まあ、個人的には、桜よりも魚の乗っ込みの方が気になります

今日はpurariの話です。お店の名前は、わけあって「さかなキチンぷらり」となっていますが、元の「アトリエぷらり」に戻そうかなと思っている今日この頃。馴染めないし、名前が長いし、言いにくいし・・・まあ、私自身が「アトリエぷらり」に馴染んでいるというのが一番かな。

さて、今日は、ここ数年増えているステッカー制作のお仕事のお話。
purariでは、ステッカーの制作も行っているのですが、販売するステッカーは全然増えていなくて、船宿さんから依頼されるステッカー制作が、お仕事のほとんどです。
ステッカーを作っている工場ってのはたくさんあるんですが、うちでお願いしている工場は、ちょっと腕のいい&気の利く職人さんがお仕事してくれています。
purariで制作しているステッカーは、すべて、クーラーボックスなどに貼っても日焼けしないようにUVカットされていて(サンカットラミネート加工といいます)、かつ水に濡れても問題ないように防水が施されています。だから、通常のステッカーを制作するのよりも、かなり値段が高いです
先日、羽田のかみやさんが、45upと50upのオニカサゴ or アマダイが釣れた時に、お客様にプレゼントするステッカーの制作を依頼してくれたのですが、これなどはインクジェット&小ロットなので、かなり高かったです。それでも、「デザインはともかく、質がイイから」と、うちに依頼してくれた太っ腹の社長。実にありがたいです。
「以前作ってもらった業者さんは、全然安かった!!」と、見積もりにクレームを頂いてキャンセルになったことも…(汗)
見積もりを出しただけで制作が頓挫したこともあるのですが、自分が描いた絵のステッカーが剥がれたり焼けたりしているのを見るのは悲しいものでして、うちで制作してもらう場合は、耐水&サンカットラミネート加工だけは譲れないオプションとなっています。

先にお話しした羽田のかみやさんからは、お客様からの評判がいいとのことで、別の魚種のご依頼もいただき、感謝感謝であります。

ちなみに久比里の山下丸さん、船橋の内木さん、相良坂井の福神丸さん、洲ノ崎の早川丸さん、外川の福田丸さんなどなどのステッカーは、船宿さんとじっくり相談して制作させていただいた私のデザインです。
お手に取る機会がありましたら、是非、クーラーボックスにでも貼ってやって下さい。

Tシャツのオーダーメイドは、いろいろな意味で大変ですが、ステッカーは比較的気軽に作れます。インクジェットなら100枚~、シルクスクリーンでしたら1000枚程度~、となります。

私のようなB級デザイナーに依頼したい船宿さんやグループさんがおりましたら、是非ご相談くださいませませ。



おさかなTシャツの「さかなキチンぷらり」 http://purari.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。