上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_0090_convert_20130105171156.jpg
こちらは、板橋区立熱帯環境博物館の深海魚水槽です。タカアシガニ、チゴダラ、ユメカサゴ、トラザメそして1匹のオニカサゴが生活しています。

IMG_0564_convert_20130105171351.jpg
この1匹のオニカサゴを観察し、隔週刊つり情報1月15日号「鬼研」にて、記事を掲載してもらいました。
記事の詳しい内容は、本誌をご覧いただくとして、つり情報のホームページ「tj-web」内で、動画撮影初心者の私が撮影したオニカサゴの捕食シーンが公開されております。
なかなか見られるものではありませんので、是非ご覧ください。
ちなみに、熱帯植物館では、毎週土曜日の午後3時に、さかなの餌の時間ということで、来場者に餌やりを観察させてくれます。もちろん深海魚水槽もまわってくれますので、よかったら足を運んでみて下さい。
テッポウウオやチャオプラヤ(淡水エイ)の捕食シーンもなかなか見物です!

つり情報サイト内youtube「オニカサゴの捕食シーン」は、こちら

この動画は大変短いですが、オニカサゴの捕食シーンだけでなく、チゴダラの視覚を使わない捕食の瞬間やトラザメの交尾まで見ることができます。魚好きにはたまらない動画となっております!と、自画自賛してみます

感激してくれたら、つり情報編集部までご感想をお寄せください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。