上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dscf4470.jpg 船宿HPより

先日、洲の崎栄の浦港の早川丸へイサキ釣りに行ってきました。
私の幼馴染の旦那、ナベちゃんの船釣りデビューということで、それなりに数連れて、ロケーションのいいところってことで、この地のこの魚にしました。
イサキは、引きもいい魚ですし、多点掛けするとウキウキする釣りですから、船釣り初心者には鮮烈なものとなる・・・そんな思いで行ってまいりました。
ここのところ、トップ束近い釣果で、期待マンマンで行きましたが、そうは問屋が卸しません。アゲアゲ調子もあれば谷間もあるのが沖釣りというもの。この日は、ポツポツ…シーン…ポツポツ…シーンと、まあ、ちょっと渋い感じの展開でした。
そんな状況にも関わらず、ナベちゃんは1投目からW掛け。その後もポツポツ釣れて、中盤には、一人入れ食いタイムも有り。それなりに楽しんでくれた様子。後半、潮が流れてきて、仕掛け捌きに苦戦していたようだけれど、20匹少々のイサキとウマヅラ1匹、アジ3匹をクーラーに納めて、嬉しそうにしてました。よかったよかった♪
私は、ポツポツ→まずまず→入れ食いの展開で、それでも35匹。3点掛けが2回しかなかったのが残念なところ。イサキ釣りといえば、持ち前のテクニックを駆使して、多点掛けを連発していくのが楽しいものだから、こりゃリベンジしないとです。。。
35センチ級の良型も2匹交じって、25~30センチ級の中型が半分。あまり小さいのはいなかったですまあ、おかずには十分な結果となりました。
約1年ぶりのイサキ釣り。存分に楽しめました。

140328_1918~01 刺身となめろう
イサキは、何にしても美味しい魚です。まずは、お刺身となめろうにしました。大きなものは、内臓脂肪たっぷりで、思いのほか脂が乗ってました。小さめのものも塩焼きやらにして食べましたが、ホクホクジューシーでマイウー
イサキの刺身は、どちらかというとワサビ醤油よりもショウガ醤油のほうが合うような気がします。

140328_1919~01 腹骨の唐揚げ
3枚卸しにした後に出る腹骨はから揚げにしました。
イサキの骨は、鯛並に硬いので、2度揚げしても噛みきれません(笑)
上図にしゃぶって、平らげました。サクッとしていて、これまたマイウー


140330_1203~01 ナメロウ丼
んで、今日のランチは、酢飯を作って、その上にナメロウを載せたナメロウ丼 これがウマイのなんのって!! いくらでも食べれそうでした。
まだ数匹、冷蔵庫に残っているので、今夜の晩酌のつまみにします。


すべての投入で3点掛けを目標に、次回、リベンジしてきます。乞うご期待(笑)

☆☆☆アトリエぷらりからのお知らせ☆☆☆

お客様担当の我が鬼嫁家出中により、4月1日(火)までお休みさせていただきます。
この間も、ご注文は承れますが、在庫確認のご連絡や発送業務がお休みとなります。ご了承くださいませ。

ギョサンの季節となってまいりました。
当店で扱っているギョサンは、船の上でも滑りにくく、履き心地のいい旧型タイプとなっております
現在、3Lサイズがすべて完売となっております。近日、若干量ではございますが、再入荷の予定でおりますので、しばしお待ちくださいませ。

今年は何色にしようかなぁ~

ホームページはこちら→→→ アトリエぷらり
スポンサーサイト
2014.03.26 消費税
 アトリエぷらりからのお知らせ 
少しずつ汗ばむ季節となってまいりました。

IMG_0358.jpgIMG_0367.jpgIMG_0352.jpg
今年も新作Tシャツをリリースし、完売となっていた商品も追加生産しました。
また、少しずつですが、今後、これまで取り扱っていなかったアイテムも並べていきます。
例えば、私が常用していて「これは、イイ!」と思う沖釣りアイテムや便利グッズなどなど。

釣って楽しく、着て楽しく・・・そして、遊んで大満足。 この春&夏もアトリエぷらりをよろしくお願い致します。
 アトリエぷらり http://purari.com 

皆さんご存知のように4月1日から消費税が引き上げとなりますorz

当店は、課税売上1000万円以下の小さなお店でして、消費税の申告は免除されておりますゆえ、値上げはございません。

製造原価や送料は、各業者様より値上げを宣告されておりますので、非常に厳しい部分もありますが、4月1日以降もこれまで通りの価格(商品価格、送料)で営業して参ります。
今後ともご愛顧の程、よろしくお願い致します。

各船宿さんの船代も値上げのところがほとんどのようです。
こうなると、一日船の船代も1万円を超えるところがほとんどとなります。
自分の財布事情はともかく、初心者の人を誘いにくい環境になってしまうことが残念です。
「船釣りはお金がかかる=手を出しにくい」そんな法則が強まってしまうことを懸念します。
まあ、あとは頑張って仕事するしかありません。
貧乏暇なしの今日この頃。ボチボチ私も仕事に出かけるとします。

次は、イサキ釣りです♪♪♪
 アトリエぷらりからのお知らせ 
少しずつ汗ばむ季節となってまいりました。

IMG_0358.jpgIMG_0367.jpgIMG_0352.jpg
今年も新作Tシャツをリリースし、完売となっていた商品も追加生産しました。
また、少しずつですが、今後、これまで取り扱っていなかったアイテムも並べていきます。
例えば、私が常用していて「これは、イイ!」と思う沖釣りアイテムや便利グッズなどなど。

釣って楽しく、着て楽しく・・・そして、遊んで大満足。 この春&夏もアトリエぷらりをよろしくお願い致します。
 アトリエぷらり http://purari.com 

002_convert_20140325192428.jpg
さてさて、横浜で行われていたフィッシングショーへ土日の2日間行ってきました。
初日は、サンスポさんブースで終日号外配布係。二日目は、今年は福引が無く、立ち寄る人もまばらなつり情報のブースをベースに、ぷらぷらしてました。
上の写真は、サンスポさんの「三石忍&あべなぎさ トークショー」開幕前の一コマ。姐さん、スカート短すぎですよ!

003_convert_20140325192556.jpg
久々に釣り仲間にも会えたりしまして、え~っと、この人はタコボウズさん。
(※詳しくは、4月1日号隔週刊つり情報「Bグル隊の釣りウマ食堂」にて)

004_convert_20140325192615.jpg
こちらもタコボウズ・・・ではなくて(汗)、サンスポ船宿会の会長さん。新安浦港こうゆう丸の親方。
右奥にも鉢巻巻いたタコボウズ・・・ではなくて、佐島港鶴丸の船長。
「どんだけ釣ってもやめらんない」とか「タナが高いです」とか、サンスポ船宿会のオリジナルTシャツです。

030_convert_20140325192910.jpg
こちらは、私がよくお世話になっている「釣房商店」のブース。
釣餌の問屋さんなんですが、上州屋とかで見たことのある餌がチラホラ。

とまあ、気になる釣具もチェックしつつ、あの人やこの人と、いろんな人と再会したり、出会ったりできる、楽しい時間が過ごせました。
天気がいい週末だったから、Fショーより釣りって人も多かったかな?
ともあれ、ご一緒した皆様、お疲れ様でした。
050_convert_20140313070515.jpg 内木せんちょ~
東京湾の一番奥にある船橋港。ここにあるつり船内木の船長は、いわゆる私のマブダチ。年はちょっと上で、私の方がお肌もぴちぴちしているし、私の方がまだまだ白髪も少ないのだけれども、百歩譲って、彼の方がいい男です
かつて、とある女性ライターさんから「ジャニーズにいてもおかしくない」とよいしょされましたが、あはははははと笑って、次の話にうつりたいと思います。
カメラを向けるとちょっとにやけ、きれいなお姉さんにはかなりにやけ、お酒を呑ませると相当にやけ・・・いえ、壊れる内木ちゃん(笑)
そんな素顔と裏の顔を持つ内木ちゃんが最も得意とするメバル&カサゴ釣り(以下、メバカサ五目)は、私も大好きな釣り物です。メバカサ五目は、オモリ15~20号を使ったスーパーライトな釣りで、初心者からベテランの方まで、広く楽しめます。
今回は、内木丸流のメバカサ五目について、天才釣り師のかまが… もとい、ヘッポコ釣り師のかまがまとめたいと思います。
長くなりますから、トイレを我慢している人は、まずは用をたしてきて下さいね

036_convert_20140313070120.jpg シンプルな胴付き仕掛け
メバカサに使う竿は、2.4~3.3m程度のエビメバル専用竿が基本です。とはいえ、お手持ちのオモリ負荷軽め設定のゲームロッドやキス竿などなどでも楽しめて、一言で言ってしまえば、「オモリ15~25号を背負えて、魚が掛かった時にキューンと曲がる楽しそうな竿」があれば、まあ、何でもOKです(楽しそうなってのが大事)
イシモチ、ライトアジ、キス釣りなどなどで使っている竿があれば、そんなんでいいと思います。
リールは、小型の両軸リール。糸は、必ずPEラインで、1~1.5号程度がいいでしょう。根掛かりが比較的多い釣り物でもありますので、高切れしにくい1.5号が私のおすすめです。
009_convert_20140313065732.jpg ゴリ餌が、特徴
内木では、エサが数種類用意されています。
まずは、冷凍ゴリ。これは船長が寝ずに網を引いて獲ってきて冷凍し… とカッチョよく書きたいところですが、佃煮用の食用のものを仕入れて、新鮮なうちに冷凍してあるものです。まあ、よく釣れる餌で、カサゴもメバルもこれに食ってきます。ゴリとは別に、魚の切り身も用意されていることがあります。特餌を持ってくる人も多いですが、名前が似ているからといって「冷凍ゴリラ」はご遠慮ください
006_convert_20140313065710.jpg 萌えビも用意してます
もう一つのエサは、モエビ。以前、この釣りがエビメバルと呼ばれたゆえんでもあるエサであります。
淡水のエビですので、エビの入ったバケツには海水を入れないで下さいね。
足をワシャワシャさせて泳いでる姿を眺めていると、癒されるので「萌えビ」と呼ばれるのがその名の由来というのは、まったくの嘘であります。正しくは、藻海老。
048_convert_20140313070452.jpg 2~4関節
ゴリ餌は、唇にチョン掛け。切り身エサも、切り身の端にチョン掛け。萌えビエサは、尾羽を切り、2~4関節分通しざしにして、ハリを背側または腹側から抜きます。
食いがいい時は、何でも食ってきますが、食いが悪い時は、小さめのエサの方がいいようです。
020_convert_20140313065904.jpg 船宿仕掛け
船宿仕掛けは、ハリス1.5号の2~3本ハリ。オリジナル仕掛けが2種類販売されています。
不慣れな方、竿が短めの方、カサゴが多い時は扱いやすい2本ハリがおすすめ。
慣れている方、竿が長めの方、メバルが多い時は3本ハリがおすすめ。
ハリが多いからといってたくさん釣れるというわけでもないので、状況に合わせてチョイスして下さい。
ちなみに、カサゴメインの時、私は1本ハリ仕掛けを多用します。手返しがよく、とりわけ10メートルを切るような浅場で釣れる時期は、一層楽しめます。
045_convert_20140313070405.jpg 長竿が一般的
こちらは、長竿です。釣具屋さんに行くと、沖釣り竿のコーナーの一番隅っこの方で、ひっそりとフグやマゴチの竿に隠れて売られていることが多いです。
魚が掛かってからのキュイ~~~ンと曲がる竿のしなりが堪らないものです。
046_convert_20140313070426.jpg ゲームロッドなどもOK
こちらは、いわゆるゲームロッド。ちょっとキャストして仕掛けを投入したい時などは、こちらの方が扱いやすいかもしれません。
専用竿と違い、他の釣り物でも使いやすく、汎用性が高いですから、持っている人は比較的多いのではないでしょうか?
038_convert_20140313070142.jpg 基本は、両舷
さて、基本的には、釣り座は、朝一番に選んだ席となります。しかし・・・
011_convert_20140313065827.jpg 時に、片舷流し
ポイントが壁際になる時などは、船長の指示で片舷に集まって釣ることがあります。
例えば、写真のように左舷に集まるよう言われた場合、
・左舷の人は、スペースを空けてあげて、「ここ、ど~ぞど~ぞ」と右舷の人を優しく(ここが大事)入れてあげる
・右舷の人は、竿を持って左舷へ移動し、「ここ、入れて下さい」と左舷の人に笑顔で(ここが大事)挨拶して、入れてもらう
といった感じで片舷に集まりましょう。
042_convert_20140313070221.jpg 女性や親子連れも多いです
ご存知の方もいると思いますが、内木では出船前に釣り方や餌付けなどなど、船長による出船前のレクチャーがあります。これをしっかりと見て、聞いて、実釣に挑んでください。
最近の状況や近況に合わせた釣り方のコツなども教えてくれるので、慣れている方も聞いた方がいいと思います。
そんなわけで、暖かくなると沖釣り初心者の方の乗船も増えてくるのですが、女性や親子連れが多いのもこの船宿の特徴です。大抵の場合、助手の上乗り(まあ、私も元々それだったのですが…)がいますので、安心です。
ちなみに、内木の上乗りは、数人いまして、体育会系の場合、おっとり系の場合、草食系の場合とありますが、気がいい人ばかりですので、気軽に声をかけて下さい。ちなみに、私は200%癒し系です
043_convert_20140313070246.jpg よいしょっと~
話は釣りに戻ります。
魚が掛かったら、ほとんどの場合、こんな感じで魚を抜き上げます。
たまにですが、フッコ、クロダイ、ハタ類、クロソイ、アイナメといった外道も釣れ、こちらはよくあることですが、尺越えのメバルやカサゴも釣れます。こんなのが掛かってきた場合だけ、タモが出されますよ。

044_convert_20140313070325.jpg これは中型のメバちゃん
当たり前のことですが、メバカサだけに、釣れてくる魚はメバルとカサゴがメインです。最近は、カサゴの方が多いかもしれませんね。
それでもポイントによっては、メバルばかりということもあります。
釣り方は、簡単です。
仕掛けを絡ませずに投入し、オモリを着底させたら、糸ふけを取り、オモリを浮かせずにそのままジッと待ちます。すると、コツとかクッとかアタリがきて、ちょっとすると竿先がククククククっと引き込まれます。これに合わせて、竿を持ちあげてハリ掛かりさせる。とまあ、こんな感じでしょうか?
仕掛けを動かし過ぎないことが肝かもしれませんね。また、仕掛けを動かす動作は、ゆっくり目がいいかと思われます。
ビシッとか、バシッとか、激しいアワセは禁物です。そういうのは、夫婦喧嘩だけにしてください

自分だけ釣れない時は・・・
・仕掛けが絡んでいないか
・エサが、船長のレクチャー通り、ちゃんとついているか
・仕掛けのハリスがヨレヨレになっていたり、縮れていないか
・自分にやる気があるか
・最近、釣りでも発散できない悩みを抱えていないか
・後ろめたいことはないか
といったあたりをチェックしてみて下さい

投入後、ある程度待ってもアタリが無ければ、仕掛けをゆっくりと底から持ち上げて、落とし直します。これが誘いにも繋がる場合もあります。
2分ほど待って、アタリが無ければ、いったん仕掛けを回収し、仕掛けのチェックをして投入し直します。こうすると、別の場所に仕掛けが入って、チャンス3倍です!

030_convert_20140313070015_201403130712053a7.jpg えへっ♪28センチのメバちゃん
良型のメバカサが結構顔を見せます。ポイントによっては、型より数狙いといった場合もありますが、なるべく良型のお土産が作れるように、船長はポイントを選んでいるようです。
ちなみに、尺越えのメバル、カサゴが釣れると、グッドジョブステッカー(カサゴバージョンとメバルバージョンがあります)をくれます。皆さんも是非ゲットしてクーラーに貼って下さいね。
031_convert_20140313070033.jpg アウチっ!!
そうそう。メバルとカサゴは、背ビレやエラブタに鋭いとげがありますので、触る時は気を付けて下さいね。
おっかなビックリ触ると余計に痛いデス。顔をガシッとつかんでバケツに入れるといいでしょう。
どんだけ鋭いか画的にお伝えするために、わざわざ自分の指にトゲを刺してみました。
まさに体を張ってブログをつけております。
028_convert_20140313065923.jpg 【自称】天才釣り師、Iさん
内木の釣果情報の竿頭に、たびたびこの人の名前が出てきます。たしか、ごじゅうあらしさんとかいうお名前だったと記憶しています。
通常、船長や周囲の人が認めて「名人」とされる釣りの世界にあって、まさに「自称」名人のIさん。
基本を逸脱し、アブノーマルな釣り方で釣りまくりますので、よいこのみんなは、絶対にマネしないでね。
私が乗船したこの日も、写真の30センチピッタリのカサゴを釣り上げていました。またまた、グッドジョブステッカーをゲットですしかも、竿頭ステッカーまでゲット
お世辞抜きで、とにかく釣ります。Iさんが釣った魚を全部並べると実に圧巻です。この日も軽く30匹オーバーで、良型を揃えていました。すごいな~。
029_convert_20140313065951.jpg 【自称】天才釣り師の中間経過報告
Iさんのバケツの中です。水深が深い時期などはバケツの水面で腹を向けて浮いてしまいます。冬はともかくとして、春~秋の暖かい時期などは、はやめにクーラーボックスにしまって、魚の鮮度を保つようにしてください。
出船前に、氷を配ってくれるので、クーラーに少しの海水と一緒に入れて、水氷を作り、そこに魚を入れるといいでしょう。
055_convert_20140313070534.jpg 【自称】ヘッポコ釣り師の結末…
さて、この写真を撮影したのは、3月12日のこと。釣り日和のいい一日でした。
風の搭~本牧沖を狙って、20~25センチ級の中~良型中心でした。
型狙いになると、ひっきりなしに当たるようなことも少ないのですが、この日は、私の普段の行いが良かったせいか、数もまずまずまとまりました。写真は、私の前半の釣果で、22~28センチのメバル4匹と22~27センチのカサゴ7匹。
28センチのメバルと27センチのカサゴは一荷できて、その一撃だけでもう大満足でした
船中の釣果は平均して20匹くらいでした。
これから海水温が上がり、魚の活性も上がって、徐々に浅場で釣れてくるようになるとこの釣りの本番。梅雨時などは、一年で最も盛り上がる時期かと思います。
7時に出船し、15時~16時に帰港。たっぷりと船の上の時間を満喫できるのも、湾奥出船のいいところです。羽田空港から離着陸する飛行機を眺めたり、遠くディズニーシーの山を海から眺めるのもオツなものです。


漏れそうなおしっこを我慢して読んでくれたあなた。そろそろトイレに足を運んでくださいな。
天気のいいお休みは、釣船へ。天気の悪いお休みは、アトリエぷらりのHPでもチェックして下さいな。

ではでは




今シーズンの冬は、何だかヤリイカ釣りとその釣ったヤリイカを泳がせて釣る「イカ泳がせ」にハマっております。

今か今かと、ハモノのアタリを待っているあのドキドキワクワクした時間がたまりません。

だからといって、イカ釣りをないがしろにしているわけではなく、釣行の度にヤリイカ釣りの奥深さを噛みしめつつ、ヤリイカ釣りのステップアップを試みております。

さて、先日は、南房総の良和丸へとヤリイカ釣りに行ってきましたよ~。お客さんは、私を含めて3名。他の方々も、泳がせ狙いでやってきた様子。目標は、タイとブリの両ゲットです(笑)

001_convert_20140311143028.jpg
6時に出船し、真沖のポイントへ。航程は20分ちょっとでしょうか?
このところ、どの船も今ひとつなようでしたが、朝一からポツポツとヤリイカが乗ってきました。
胴長40センチ級の良型の♂ヤリで、お土産にはもってこいですが、泳がせのエサには、ちょっち大きいですわ。

002_convert_20140311143051.jpg
広々と釣り座を使わせてもらえて、右舷ミヨシで泳がせ竿、イカ竿、投入器とセッティングして、のんびり&まったりと楽しんできました。
良和丸では、予約時に釣り座の指定ができるので、釣行前から自分の釣り座が確定するシステムとなってます。
泳がせ釣りを確実にやりたい人には、ありがたいサービスかもしてませんね。
まあ、私の場合、イカ釣りだけとなっても、それはそれで十分楽しいです。

私はヤリイカを5杯釣ったら泳がせをやろうと思ってましたが、4匹釣ったところで、トモの人の泳がせロッドにヒット。あがってきたのは、メダイです。
これを見て、いてもたってもいられず、ようやっとキープできた小振りのヤリイカを付けて、泳がせ仕掛け投入!!

すると・・・

004_convert_20140311143126.jpg
なんと、1投目の着底後すぐにヒットです
最初の突っ込みと、途中の突っ込みはなかなかなものでしたが、中層からの引きが今ひとつ。重量感はあるので、1~2キロ級のマダイかななどと想像していたら、なんと50センチオーバーのでっかいカンコ(ウッカリカサゴ)でした。
これはこれで私の大好きな魚なので、すごく嬉しかったのですが、本命はマダイとブリです。

気合いを入れて釣り続けましたが・・・左舷のトモの人に8.6キロのブリがヒットしただけで、再び私の竿が曲がることはありませんでした。

でも、このカンコだけでも十分。キープした良型4杯のヤリイカと一緒にお土産を確保して、12時に竿を納めました。

140310_1853~01
久々に食べたカンコのしゃぶしゃぶは絶品で、おろしポン酢にたっぷりと絡めて美味しくいただきました。
2日寝かせても身がしっかりしていて、お刺身にするにはもう2~3日は寝かせたいかなと思う感じ。でも、でっかかった分、まだ半身が残っているので、それをあと2日くらい寝かせてから食べようと思います。

釣って楽しく、食べておいしかった今回の釣行。充実した一日となりましたよ~♪

次は、マダイか!?それともブリか!?(笑)
140226_1853~01 勝山「幸徳」にて
久々の1泊釣行です。午前中に仕事を終え、勝山港は萬栄丸へと行ってきました。
今回は、職場を退職した先輩の希望で、萬栄丸のヤリイカへ行きたいとのこと。退職後の様子も気になったので、夕方5時に集合して前泊で行ってきました。
船宿に荷物を置いて、徒歩で「幸徳」へ。勝山きっての美味しい中華料理店です。
ビールにつまみメンマ、餃子、レバニラ炒めと始め、ウーロン杯に替えてからは、ちびりちびり。
呑みすぎては翌日に響くとかなんとかいいながら、9時前まで呑んじゃいました(笑)
140226_1929~01
〆のラーメンの美味いこと!ネギたっぷりの醤油ラーメンが、五臓六腑に沁み渡りました。

004_convert_20140303210055.jpg
さて、翌日は、ヤリイカ釣りです。
この日は終日洲ノ崎沖での釣りでした。風は大したことないのですが、波とウネリはそれなりでした。
006_convert_20140303210124.jpg 007_convert_20140303210145.jpg
皆さん、1杯また1杯とヤリイカを乗せていきますが、なぜかどうしてか、私はスルメに好かれてしまいました。
それでもたまにポッツリポッツリヤリイカも乗ってきて、お土産は確保。
前回のヤリイカは、早川丸での取材釣行だったのですが、その時よりサイズがいいヤリイカが揃いました。
胴長40センチクラスの良型ばかりです!
009_convert_20140303210226.jpg
たばこの箱でも並べないと大きさがわからないのが、写真の困ったところでしょうか?
まあ、私の撮り方がいけないのかもしれませんが、これはすご~く大きなヤリイカ。肉厚で、食べ応えもありました。
今ひとつな釣況だったのですが、スルメ1+ヤリイカ3の4点掛けもあって・・・あ、1杯は水面で逃げられてしましましたけど、この日も楽しい一日となりました。
最後の流しは、やめてしまっていた人もいたけど、私は3回投入して3連発!!やっぱり釣りは諦めちゃいけませんってば
なんだかんだで、気付けば竿頭でした(笑)といっても、13杯でしたけど、おかずには十分。大きいイカばかりだったので、自信満々にご近所にも配ることが出来ました。
012_convert_20140303210740.jpg
左から、特大ヤリイカのお刺身(身、エンペラ、げそ、肝)、あかめふぐ、マサバ、ウルメイワシ、マアジです。イカ釣りに行ったのに…(爆)
あかめふぐは、S姐さんからのいただきもの。他は、イカ釣りの外道です。ウルメは2匹だったんだけど、1匹落ちちゃったのよね アジは、助手で乗っていたなおちゃん船長の釣果をもらっちゃいました♪
釣りに行って、この一皿で晩酌を楽しめただけで幸せってもんです。いい一日となりました。
今宵の一献に、純米吟醸「四万十川」でほろ酔いのかまでした。

あんまり釣れなかったんだけど、すごく楽しい一日でした。釣りは釣果だけじゃないってことですね。
今シーズンは、もう数回、ヤリイカに行きたいと思います。だって、お土産に配ると、みんな喜んでくれるんですもん
9年ほど前でしょうか。ぷらぷらしている私のライフスタイルから「ぷらり」というお店をはじめました。

ちょっと、かっこつけて、アトリエなんて付けて「アトリエぷらり」なんて名前にしてみたわけです(笑)

2年前、わけあって半年近くお店をお休みさせていただいて、お店の名前を「さかなキチンぷらり」と変えてみました。
なんでそんな半端な名前になったかは、内緒ですが、イラストレーションのワーキングは、その後も「アトリエぷらり」で継続しており、配送業者の佐川急便のドライバーさんも、うちを「アトリエさん」と呼んでくれていたこともきっかけとなり、結局南極、この3月からお店の名前も「アトリエぷらり」へと戻しましたとさ。

ということで、ちょっとだけHPもリニューアルしてみました

さてさて、2014年の新作3作をリリースしましたので、お知らせいたします。。。

【新作その1】 a range
IMG_0322.jpg IMG_0358.jpg
マサバ、スルメイカ、ヤリイカのデザインです。
「range」とは、範囲とか言った意味で、海の中の遊泳層の違いをグラスの中に閉じ込めてみました。
きっと、中深場の釣りが好きな人は気に入ってくれるはずと…。

IMG_0342.jpg
ブラックのみですがパーカーも作ってあります。パーカー、かっちょイイです

【新作その2】  invasion マルイカ
IMG_0315.jpg IMG_0367.jpg
「invasion」ってのは、襲来とかそんな意味です。襲来といえば… 群れで押し寄せてくるイメージとなるわけで、それでマルイカです。
フロントのカタクチイワシの群れとinvasionの文字の交わりが、ちょっと気に入っています。

IMG_0343.jpg
こちらもネイビーだけですが、パーカーも作りました。TシャツがLならパーカーもLで大丈夫だと思います。
袖リブのしっかりしたやや厚手の裏毛パーカーです。

【新作その3】  invasion ホウボウ
IMG_0329.jpg
フロントのデザインはマルイカと一緒ですが、配色が異なります。
ずっと作りたかったホウボウのデザイン。釣りでというよりも、旅行やお出かけなど、タウンユースで着こなしてもらいたい1枚です。
存在感あるデザインに仕上がったと思います。
IMG_0352.jpg IMG_0345.jpg
このホウボウのデザインでは、通常のボディの他にラグランTシャツも採用しました。
ちょっと夏先取りといった感じです・・・まだ、超寒いですが(笑)

そんなわけで、春の新作3作はもちろん、鬼の道や桜鯛、edomae.、爆釣金目などなど、在庫増し増しでご用意いたしましたので、ご来店をお待ちしております。

5syu5mai500.gif
あわせて、大変ご好評をいただいております「烏賊が乗ってます」ステッカーも、是非是非よろしくお願い致します

お買物総額1万円以上で、送料無料です
平日のほぼ毎日発送。振込の場合、ご入金確認後の商品発送となりますので、代引きがおすすめです

~お店は、こちら~
アトリエぷらり http://purari.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。