上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、ご機嫌烏賊がでやすか?
今日は、ち~っとだけ、空気もぬくんで、Tシャツの季節が恋しくなりやしやせんでしたか?

烏賊にも私、おさかなTシャツでおなじみの さかなキチンぷらり の営業課長、まるい課長でございやす

今日も、アタリスッテが恋しいでやすが、2013年の「ぷらり」の新作の営業でございやす

課長イラストほほほ


さて、本日、Tシャツボディの検品を終え、工場へボディの発送を済ませやした。

2013年、初回の新作デザインは、なんとなんと一気に3デザインと、太ももな発注を行いやした。

この新作が売れないと、私、沖干しに、いえ、カラカラになるまで素干しにされてしまいやすので、釣り人、魚好きの皆様、是非是非ぷらりのTシャツを買うてやって下さい。


で…

どんなんがでるかといいやすと・・・


内緒でやす

サイズは、150、S、M,L、XL、3L、4Lとフルラインナップで揃えておきやすので、小さい人から普通の人、はたまたでっかい人まで、発売開始のお知らせをしばし、しばし、お待ちくださいやせ

3月15日頃の発売開始予定でございやす。その時は、こちらでお知らせしやすので、烏賊にもあっしの営業レポートをご覧くださいませませ

お店はこちらでやす 『さかなキチンぷらり』 http://purari.com 
スポンサーサイト
我が家で営んでいるTシャツ屋さん。冬の間は、すっかり忘れ去られてしまいますが、ボチボチ埃の積もったシャッターを開ける時期がやってきました。

こんな風に春を迎えるようになって、9年目でしょうか? B級デザインのTシャツを細々と売っております。
アトリエぷらり あらため 「さかなキチンぷらり」では、この春、昨年の2倍以上の新作が登場します。

どんなデザインが発売されるのかは、3月中旬のリリースまで楽しみにして下されば幸いでございます。


さて、ぷらりでは、この度二人の営業マン(?)を採用しました(笑)

まるい課長基本ポーズ 太平洋担当 丸井 勝男 課長
まず、関東近辺のお客様への営業を担当いたしますマルイカチョ… 失礼!丸井課長です。
しろい課長基本ポーズ 日本海担当 白井 克也 課長
続きまして、日本海側エリアのお客様への営業を担当いたしますシロイカチョ… 失礼!白井課長です。
クリソツですが…(笑)

しいていえば、さかなキチンぷらりの「ゆるキャラ」とでもいいましょうか?

この春は、B級デザイナーのわたくし「かま」と、お客様担当の鬼嫁、そして丸井課長と白井課長の4人で、精一杯お店がつぶれないように努力したいと思いますので、ご愛顧の程、よろしくお願いします。

3月中旬に、まずは3作の新作をリリースいたします

なお、2013年度の船宿様などからご依頼を承りますオリジナルデザインのお申し込みは、丸井課長の営業の努力の甲斐あって、おかげさまで終了となっております。ご了承ください
IMG_1648_convert_20130211110932.jpg 広電の街
広島に1泊して、ゆっくりと起床。紙屋町まで歩いていく途中で市電の写真を撮影しました。
市電が走る街の風景が、私はどことなく好きです。幼い時から、都電をよく見ていたせいかもしれません。
IMG_1849_convert_20130211110635.jpg 宮島大鳥居
さて、広島市街からのんびりと広電に揺られること1時間で宮島口へ移動。船に乗って、宮島まで行ってきました。
予報に反して天候もよく、のんびりとした時間が過ごせましたよ。
初めて見る海上の大鳥居は、とても素敵でした。
IMG_1890_convert_20130211111226.jpg 厳島神社
散歩しているだけでも気持ちい場所で、何もしないで歩いているだけで、1時間、また1時間と時間が過ぎていきました。
年を取ってきたせいか、神社を訪れると心地良さを感じるようになってきました。あはは
IMG_1898_convert_20130211111341.jpg 宮島水族館
さて、今回の最大の目的地であった「宮島水族館」に到着です。
ここは、牡蠣ダナの室内展示やタチウオ水槽がある水族館で、水族館大好きな私にとって、厳島神社よりも大事な施設です。ワクワクしながら入館しましたが、魚マニアの私を裏切らない展示がされていまして、感激しました。しかも、予報が悪かった寒い日の午前中ということもあって、館内はガラガラ。誰に邪魔されることなく、のんびりとした時間を過ごせました。
IMG_1901_convert_20130211111412.jpg 初ニシキハゼ
初めて見た魚がいろいろと展示されていることで、ここが西日本だということに改めて気づかされました。
淡水魚ではゴギ、海水魚ではニシキハゼを初めて見ました。
オヤニラミが大量展示されているあたりも、西日本らしいですね。もちろん、オオサショウウオもいました。
IMG_1933_convert_20130211111719.jpg タチウオ水槽
目玉のタチウオ水槽は、光量の少ない水槽で、ヒカリキンメダイなどと並んで展示されています。立ってゆったりと泳ぐ姿の後ろに、忍姐さんの顔が浮かんだのは気のせいでしょうか?
IMG_1949_convert_20130211111752.jpg 名物アナゴ飯
昼食のことも忘れて水族館にこもっていたら、お昼をとっくに過ぎていましたが、そこは観光地!!休憩も無く継続営業している店が沢山あって助かりました。
まずは、名物のアナゴ飯を堪能し・・・
IMG_1955_convert_20130211111623.jpg 最後はビール
次は、焼き牡蠣を堪能。何を食っても旨いですが、やっぱりビールが最高デス。
そんなこんなしていたら、いい時間になってしまって、集合場所の岩国錦帯橋空港に向かいました。
雪の影響で1時間半遅れのフライト。その遅れのおかげでのんびりと時間も過ごせて、有意義な旅行に。
また行きたいなぁ
職場の先輩との旅行で2泊3日の広島県へ行ってきました。
出発は、東京駅を22時ちょうど。寝台特急のサンライズ瀬戸で岡山へ。そこから新幹線で三原で下車。駅前の三原港から出ている高速船に乗船し、目的地のしまなみ海道に向かいました。
20分程で到着したのは、しまなみ海道の生口島です。
IMG_1571_convert_20130208075505.jpg 因島大橋
朝9時に職場の先輩の一人Uさんとレンタサイクルを借り、私は尾道へ、Uさんは今治へ向かいます。
そう、私の職場の旅行は、自由行動なんです。といっても、夜の宴会やらホテルやらでは合流して、皆で各々の土産話を持ち寄ります。

生口島から尾道まではおよそ30キロ。ママチャリでこの距離を走るのは、なかなか骨が折れます。しかも、橋を渡る時は大変です。坂道をえっちらおっちら登っていかなければなりません。

IMG_1527_convert_20130208075105.jpg 生口橋から
しかし、橋の上から望む瀬戸内海の風景は格別です。車では止まってみれませんから、やはり自転車にして正解でした。

IMG_1551_convert_20130208075414.jpg みかん畑
生口島にはそこいらじゅうにレモン畑があって(瀬戸田レモンが有名です)、因島にはミカン畑が多くありました。柑橘系の木々のおかげで、瀬戸内に来たなぁといく気分が一層盛り上がります。

IMG_1531_convert_20130208075223.jpg 距離表示
しまなみ海道は、サイクリングに力をいれています。車道の脇に青い線が有り、自転車はこれに沿って走っていけばOKです。尾道から今治まで、ずっとこのラインがひかれているそうです。
1キロごとに終点までの距離がこうして刻まれています。

IMG_1537_convert_20130208075322.jpg 海がきれいで
岸壁もあれば、砂浜もあって、なかなかきれいな浜が何か所もありました。砂の色は褐色で、水もきれいです。
この砂の何処かに瀬戸内名物のカブトガニも隠れているのでしょうかね。
釣りをしている人に声をかけたら、サヨリを釣っているそうでした。
投げ釣りをしてカレイらしきを狙っている人もいましたが、そこいらじゅうが釣り場という感じで、実にうらやましかったです。

IMG_1575_convert_20130208075534.jpg ミカン屋さん
向島に入り、もうすぐ尾道だというところの沿道に、2件ほどのミカン屋さんが店を開いていました。
いろんな種類が置いてあって、この店だけでもざっと8種類ほどありました。
おばちゃんのおすすめの「甘平(かんへい)」と「たまみ」をお土産に。たっぷり入って一袋300円ですから、安いですね。

IMG_1594_convert_20130208075647.jpg 尾道へ
向島から尾道へは渡船を使います。自転車と人で70円だかです。自動車も自転車も人もごっちゃになって乗ります。関東にはない独特な文化かと思いますが、旅を一層のものにしてくれた、そしてしまなみ海道のゴールを感じさせてくれる情景でありました。

このあと、アカニシ貝とイシカベリ(テンジクダイを瀬戸内ではこう呼ぶそうです)の南蛮漬けで一杯やって、尾道ラーメン食べて、広島へと向かいました。
イシカベリのような瀬戸内らしい料理にも触れて、感無量でありました。
でもね。やっぱりビールが一番おいしかったです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。