上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
130121_1726~010001
先日、こんな発泡スチロールが、家に届きました。
「ほうほう、もうあれが届いたか!?」と、嬉しくなりました。
何かというと…

130121_1814~020001
311の震災で被害を受けた三陸の牡蠣漁業者を支援するプロジェクトに一口オーナー登録していたのです。
大きな牡蠣が20個。身はプリップリで、と~っても美味しかったです。
三陸の牡蠣や海草、そして漁業が少しでも元通りになることを願って止みません。

130121_1814~03
牡蠣のお供はこれ。最近、家呑みでは日本酒にハマっています。
外で呑むと帰宅できない恐れがあるので、外ではあまり呑みません(笑)

130121_1538~01
先日、川の中の様子が少し変化してきた気がしたので、散歩がてら柳瀬川に出撃しました。
時期外れにも「ミノー」を糸の先に結び、ニゴイやマルタがチェイスしてこないかチェックしにいった次第。
で、珍しくチビ2号♂がついてきて、なんとも今どきのアングラーな感じにコーディネイトできたので、写真を撮ってやりやした。

130121_1610~01
冬の川原は日が沈むと寒くなりますから、夕方のほんのちょっとだけで帰ってきました。
東上線の橋脚まわりまで行って、マルタの遡上がまだ始まっていないことや、大きな鯉が淵に付いていることを確認して帰ってきました。もちろん、ノーフィッシュですが、リールを巻くだけでもチビ2号♂が楽しいみたいです。

ボチボチ、パン鯉の準備も始めて、乗っ込みに備えたいと思います。
スポンサーサイト
「今度オニカサゴ釣りに連れて行って下さい」と、YさんとKちゃんから言われていたので、1日仕事をサボってオニカサゴ釣りに行ってきました。
1月13日のこと。場所は、南房のS丸さんです。
総勢8名の予定でしたが、前日呑みすぎでダウンしたSさんを除く7名で出陣。Yさんのお友達のMさんとGさんとは、私も初対面でしたが、気さくで面白い方々で、また素敵な人と出会ってしまった感じでした。
しかしまあ、私とKちゃん以外は、どなたも釣りの達人!!そうそうたるメンバーでのオニカサゴ狙いとなりました。

004_convert_20130115151602.jpg 同時ヒット☆ 
カワハギのスナイパー釣法でおなじみのSさんは、前日50枚近いカワハギを釣ってきたのにもかかわらず、この日も絶好調☆中小型主体でしたが7匹のオニカサゴをゲット。さすがの一言ですカワハギの肝とオニカサゴの肝の食べ比べとかができちゃうわけです(笑)
オニカサゴをやってみたいと言っていたYさんも何とか1匹を釣り上げましたが、オマツリしたままあがってきた魚なので、不完全燃焼で終わったようです。また今度お誘いするとします。

001_convert_20130115151529.jpg やったね
これまでまともにオニカサゴが釣れたことがないといっていたKちゃんも、3匹のオニカサゴをゲット。そのうち2匹はWでして、何とか楽しんでもらえたようです。
Kちゃんは、タックル操作の基本ができていないので、今度、みっちりしごいてやるとします(笑)

006_convert_20130115151633.jpg 私の釣果
私はと言えば、ポツポツと拾え、何とか4匹をキープ。これに大好きなムシガレイが交じって、満足満蔵で竿を納めました。しいて言えば、良型が1本欲しかったです。

007_convert_20130115153359.jpg いえ~い
今回集って下さったメンバーです。なんと7人で27匹ものオニカサゴを釣りました。それに良型のウスメバルや4キロ級のメダイも釣れて、オマツリ騒ぎでありました(実際にオマツリも多かったのですが…
Gさんが持っている鬼が1.1キロ級で、この日の最大です。

オニカサゴは、キープサイズが1本釣れればOKとか思いながら、いつもは一人さびしく出かけておりますが、今回は楽しい釣り好きの皆さんと一緒で楽しさ倍増でありました。

次は、Sさんらがヤリイカに誘ってくれるというので、友達の少ない私はその日を楽しみにするとします。

そうそう!!Mさんが釣った大きなメダイを私がいただいてしまいました。漬けにしたり、昆布締めにしたり、フライにしたり、更には大好きなあら汁も堪能し、個人的には、少々食傷気味のオニカサゴよりも美味しかったです。Mさん、ご馳走様でした

またこのメンバーで釣りに行きたいなぁ。。。楽しかったです。皆さん、ありがとうございました。楽しい初釣りとなりました
IMG_0090_convert_20130105171156.jpg
こちらは、板橋区立熱帯環境博物館の深海魚水槽です。タカアシガニ、チゴダラ、ユメカサゴ、トラザメそして1匹のオニカサゴが生活しています。

IMG_0564_convert_20130105171351.jpg
この1匹のオニカサゴを観察し、隔週刊つり情報1月15日号「鬼研」にて、記事を掲載してもらいました。
記事の詳しい内容は、本誌をご覧いただくとして、つり情報のホームページ「tj-web」内で、動画撮影初心者の私が撮影したオニカサゴの捕食シーンが公開されております。
なかなか見られるものではありませんので、是非ご覧ください。
ちなみに、熱帯植物館では、毎週土曜日の午後3時に、さかなの餌の時間ということで、来場者に餌やりを観察させてくれます。もちろん深海魚水槽もまわってくれますので、よかったら足を運んでみて下さい。
テッポウウオやチャオプラヤ(淡水エイ)の捕食シーンもなかなか見物です!

つり情報サイト内youtube「オニカサゴの捕食シーン」は、こちら

この動画は大変短いですが、オニカサゴの捕食シーンだけでなく、チゴダラの視覚を使わない捕食の瞬間やトラザメの交尾まで見ることができます。魚好きにはたまらない動画となっております!と、自画自賛してみます

感激してくれたら、つり情報編集部までご感想をお寄せください
2013.01.02 2013年、始動!!
130101_1520~01 初詣は富岡八幡宮でした

新年 あけまして おめでとうございます
本年も 変わらぬ ご愛顧の程 よろしくお願い致します

今年も、私は、昨年同様、ネットショップ「さかなキチンぷらり」のデザイン制作&営業活動、つり情報のAPCの活動を継続して行ってまいります。
「さかなキチンぷらり」では、3月末~4月をめどに、まずは新作のTシャツを3デザイン追加予定です。その後、今年は、新規のステッカーと刺繍ポロシャツ(カワハギ)の製作を行う予定です。
つり情報誌面では、昨年より連載させていただいております「鬼研」の取材&執筆活動を継続して行う予定(打ち切られない限り…ということで)です。
頑張って活動をしてまいりますので、応援よろしくお願い致します。

130101_0905~01 元日の雑煮は、アマダイ
チビ1号♂と年末にアマダイで釣り納めをしたので、我が家の雑煮はアマダイでした。白だしと焼きアマダイだけで作った雑煮。なかなかグッドでした。

121227_0744~01 釣り納めの勝者デス
そのアマダイの釣果は、釣り納めにでかけた平塚港の庄治郎丸でゲットしたもの。チビが6匹で私が1匹。惨敗でしたが、とても楽しい一日となりました。
鬼研ではないのに、6匹のオニカサゴをチビが釣ってくれまして… まあ、小型ばかりですのでリリースしてきましたが、ちょいとした発見もありまして、鬼研のいい参考資料ができました。
庄治郎丸さんでは、平日限定ですが、1万円ポッキリの親子ペア割引があって、これが実にありがたいです。
お父さんアングラーとしては、子供の面倒で、なかなか思うように釣りができない面が多々あり、この金額で二人で乗船させてもらえるというのは、非常に嬉しい限り。おまけに初めて訪れたのですが、船宿スタッフの方も子連れに優しく、とても気持ちよい釣行ができたのが嬉しかったです。

121226_1915~02 準釣り納めの成果は、こちら
私が一人で釣行した昨年最後の釣りは、タチウオです。富津港のひらの丸で15本ほど釣ってきました。
どれもメーター級の良型ばかりで、いい釣りになりました。
反省点が手に残っているうちに、もう一度タチウオには釣行したいところです。
写真は、その時のタチウオで作った炙りの刺身です。いやぁ、美味しかったです。

今年の初釣りは、おそらく鬼研の取材になりそうですが、去年並みにいい結果が出せることを祈っております。
とりあえず、時化男にならないよう、凪を祈るばかりです。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。